No Suika, No life...

あなたもスイカが好きなんですか? そんなところから始まるロマンス… ほぼ旅日記。

How many Germany. -あの町へ続いている気がする-

4月29日(火) のち

スイス滞在中に一人で旅をしたいというわがままを聴いてもらい、チューリヒからほど近い南ドイツに行ってきました。

外国で一人旅!!

不安と恐怖とそもそも目的地にたどり着けるのだろうかとか、帰ってこれるのかなとか、間違えてエジプトに着いちゃったらどうしようとか、そういったダークサイドのフォースなんかは余裕で押しのけ、99%の期待達が僕の心をドイツへ向かわせたのは言うまでもなかったが、1%の重みを知っているので念のために叫んでみた次第です。


そんな興奮の中迎えた当日の早朝。


窓から見上げた空には水墨画のような雲天が広がり、
大地に根ざす草木、道路や屋根達には、鳥達の鳴き声の間を埋めるようにして、静かにそっと冷たい息づかいがこだましている。

非常に完全に雨だった。

家を出るとそれまで待ちわびていたかのような雨の砂が、いっせいにさらさらと僕に触れるように降りてきた。


周りの町並みに等しく濡れるのも悪くない。

気付くとそれまでの不安なんてものははじめからそこになかったように思え、駅へと下る町の坂道はとても清清しくさえあった。

ベルリンまでだって走れる!!!

それはあるいは雨雲に憂う空にも朝の光と初夏の雨の匂いを感じられたからかもしれなかったし、町を流れる小川のせせらぎと心地よく地面に歌う雨がそうさせたのかもしれなかった。


あるいは友達に駅まで送ってもらったからかもしれない。


こうして男は非常に完全に駅まで引率していただき、安全に安心にドイツへの電車に乗ることが出来たという。
***********************************************************************************************************









■ドイツの車窓から
安全に安心に電車に乗れてしかも空は晴れだしたので、嬉しくなりすぎて車窓を動画で写しながら、「世界の、車窓から。。」とか一人ではじめだしました。
ちょードッキン☆わくわくすぎ!!!

そんな素敵な車窓からのBGM(鼻歌)は突如現れたなんだかいかつい感じのソルジャー的なお方々に包囲され打ち切りとなった。

こうしてちょーどっきん☆ワクワクすぎる心臓の鼓動は違う意味を帯びたbeatを刻みだしたのであった。


■兵士達との心の攻防
どうやらパスポートを求められたようだ。
パスポートがよく盗まれると聴いていたので、偽者ソルジャーで脅しつつ俺からパスポートを奪取する気では!?
と本気で危惧したのは数秒で、怖いし余裕でパスポートを差し出す。
さて、もうそのくらいでいいよね☆

って、あんれー!?なんか専用虫眼鏡的なものまでだして超調べてるし(´д`;)
何回写真と私を交互に見てるんですかぁぁ!?汗汗
もしかして、逮捕ですかぁぁぁァァァッ!?汗汗汗

(落ち着けぇ。。。ここで焦ったら犯罪者リスト入りに違いない。。落ち着くだ。。。)
「こんなのもう3回目だし全然慣れてるし」的な雰囲気を漂わせて冷静に冷や汗をかきながら待つ。


3分くらいたっただったろうか、いや30秒かもしれない。
とにかくようやくパスポートは手元に帰ってきた。

その後、男は車窓から飛び込んできた晴れ渡る景色が、大地にこの上なく暖かく降り注いでいるように見えたという。



恐らくものすごい普通のことなんでしょうけど、おいどんは本気でこわかったです。
銃とか普通に持ってんし!!泣



■駅
さて、苦難を乗り越え鼻歌テンションが戻ってきたものの、また一つ違和感が。

「え、あれ?なんかこの景色さっき見たような気が…。」

列車は非常に完全に逆走していた。

しかし取り乱すことなく冷静に安全に必死に車掌さん的な人を呼び止めて電車の行き先を確認。

ほぉうらね、あってると思ったよ(´ー`;)
ったく初めから大丈夫だっておしえてくれっつーの。

その後電車乗り換え時には、その車掌さんが私を覚えていてくれて(よほど挙動不審だったのか)、時間なく焦る私に列車への道を指差してくれた。
SHASHOWめ。。あったけぇじゃねぇか(>_<,)
ダンケ!

乗り換えて遠足らしき子ども達に乗り合わせ、賑やかに到着。
グーテンターク☆と声をかけるとはにかむ子ども達。
どうだね?君、養子にならんかね?

第一目的地「トゥービンゲン」に迷いなくSHASHOWに案内されて到着。




■町
おわー!!!すげー!!超外国だし!!
ここもしかして外国!?
とかなんとかの初心者的な感動がひとしきり支配する。

そして感動だけで終わらないのがりょうたさんの旅の醍醐味です。
チェックしていたお城に行こうとして観光案内所に立ち寄ると、全然英語が理解できず困る。

途方に暮れようとした瞬間私のいっこ前に相談してたおばちゃんがどうやら日本人(英語の出来る)で、話を聴いてくれた!!!

そして、道中世間話をしつつ城までの道を一緒に探して聴いてくれた。。。旅は出会いだ…。
すげぇ嬉しかった。。。石橋(仮)さんありがとう。。。

お礼を言って城を目指し電車にのる。

でもなんだか、さっきついたばっかりでこの町の観光もしたかったような気がしたけど、気のせいだろう。

ということで、到着30分後くらいには第一観光地を離れ次の街に向かっていた。



■ヘッヒンゲン。 お城へ
おばさんとの協力プレイによって判明した城へ。
約20分くらい電車(正確には路面バス?駆動はディーゼルエンジンのようです)にゆられ、ヘッヒンゲンという街に着く。
駅からはるかカナタに城が見えた。あれだ!!

歩いて!!。。。いけないだろうなぁ…。
バス出てるらしいけどまじ全然わかんねぇ。。。やっぱ行くのやめようかなぁ…。
とかなんとかいつも通り弱音を吐いているとどっかへ続くバスが到着。
運転手さんに聞いてみると、どうやら城へと続くバスらしい。
全部ドイツ語だったが、運転手氏の素晴らしいキャッスルジェスチャー(頭の上で三角を作ってお城を表現する高等技術)でなんとか理解して乗ることができた。
でもなんかお金が要らないらしい。
これが顔パスってやつ?


■in the 城
バスはどうやら城までのシャトルバスで、ふもとまでは無料のようだ。
そして帰りのバスは午後4時くらいに来るらしい。
ということが英語の出来るバスに乗ってきたお客さんを通して理解できた。
(お客さんありがとう。。。涙)

ちなみに現在正午すぎです。あと4時間!?
これは。。。結構あるぞ。。。汗

まぁそんなのなるようになるしいいや。
外国に行っても適当なりょうたさん。いつかきっと何かしでかすと思います…。
む!!城が見えてきた!!


城の受付のおばちゃんもオールドイツ語だったのですが、愛と勇気とお金が通じて入城許可が下りました。


おお!これだよこれぇ!!城っぽくなってきたぁー!!!



■けしーき
しばらく室内的な回廊を進むと開けたところにでて、明らかに順路じゃない小道が誘ってたので迷うことなく小道に進む。
するとそこにはダウンタウンいや、ダウン平野を見下ろす壮大な景色が!!まるでここは天空の城。
みろ!!人どころか住宅がゴミのようだ!!!!

あの地平線。。。


■無機質な方々
その景色の後ろは壁で、その壁沿いになんちゃら7世とか13世的な方々が立ってます。
順路じゃないせいか人いないし、壁沿いで日陰なので寒い気もする…。

7世も13世もどこか世界の終わりを思わせる差し迫った表情をしていた。
なんて気のきいた感想なぞ微塵も思わず「なんかこぇ〜…」の一言と一瞥でスルーした無礼者は私です。すいません。


■ウェルカム城 ハートを見つめて。
ここからのこの「絵」がとても好きです。

気さくな兵士だったのか敵もむしろもてなす勢いで入城許可。
敵に塩を贈るどころか城を贈った伝説があることからウェルカムキャッスルと呼ばれている。

そんな伝説には世界広しと言えどやはりお目にかかれない。
あ、すいません毎度のことですが城の名前は忘れました。

ところで空をみるとハートに見えなくもないですかね?
現地で気付きたかった。



■そこは圧倒的に城だった。
気付くと開けた場所にでた。城のどうやら最深部に到着したようだった。
ここは本当にすごかった。映画とか漫画の世界みたいです。
写真だと規模が大きすぎて入らない。。。
すごかったなぁ。

その中央には大砲的なものまで!!
しかしその大砲の狙う先は、どう好意的に見ても城の一部だった。
この城の王様はきっとMだったのだろう。。。

王様「ちょwワシの城ww自爆www」



■ストマックな牛
突如宿命のようにお腹が減りだしたので辺りを見回すとなんとお城にレストランがあった!!
複雑な気持ちを抑えて中へ。

で、入ってみると案の定メニューが全然読めねぇぜ。。。
微妙に単語が読み取れたけどギブアップして「今日のメニュー」的なのを選んだ。
ということでウェイター氏による懇切丁寧な英語で料理内容を教えていただきました。

さらに待ち時間中なにやらウェイターさんが窓をみて何かおっしゃっているが聞き取れなかった。
微妙に相槌を打つとウェイター氏は去っていった。
窓を見ると結婚式だった。
すげー!結婚式じゃん!!
立ち会えた感動を分かち合おうとしたときにはウェイターは厨房へ消えていた…。

ウェイター氏のスカウター
国籍:日本人男子 年齢:24歳くらい 印象:かわいそうな一人旅な感じ 英語力:5
「ちっ。英語力たったの5。ゴミか。」

..orz

もっと会話ができたらなぁ…。
(と言ってもドイツは英語ほとんど通じないけど)



■ステンドtheグラス
数ある塔の一角に教会のような場所が。
ステンドグラスっていいなぁ。

エイメン。


■兵士の吉田さん
なんか好きな写真。
この吉田さんの後ろはドアなんだけど見事に閉鎖されていました。
なんか14時からあるツアーでしか入れないらしく、このお城のメインもそのツアーにあるらしく。

もちろんツアーには参加せずじまいです。時間が無かったんです。。。涙

ところで吉田さんの足元にある謎の物体は何だろう…ガチャピンの腕についてるまる(パワーボールと言うらしい)みたいで気持ち悪いなぁ…。


■チャーリー4世と
カメラをセルフタイマーで一人寂しく写真を撮ってたら元気なおじさんたち二人組が「help you!!」的なこと言って写真を撮ってくれた。
いやぁこういうのマジで嬉しい!!
一枚目は城をバックにとってもらい見事におじさんの指が写り込んでいました。

この写真は2枚目で、知らない銅像に案内され撮ってもらいました。
有名なのかなこのチャーリーと思しき人。

指も捉えようによっては芸術だし、チャーリーもきっと偉大と思う。
おっちゃんまじありがとう!!いいテンションだったなぁ。

こうして城をあとにした。


■見返りウェルカム。
帰りがけにあの伝説の見張り番を見上げる。

こころなしか城へ誘っている気もしないでもない。


■ダン・de・ライオンの巣窟
4時間とか言ってyouほんとはバスあるんじゃないの?
というbad観光客精神でバスを探すが本当に4時間(あと2時間待ち)らしい…。
時間がもったいないので駅まで歩けるかバスの運転手(行きの人とは違う)さんにスーパージェスチュアで尋ねると一時間くらいとのこと。
なんだそれなら全然歩けるじゃん☆

と城の山から下りるとこの景色が広がっていた。
「歩きでよかった」と切に思った。


■カリオストロのキャッスル
いかにもな場所に建つお城。
やっぱ歩いて来てよかった〜☆

お城は大変なものを盗んでゆきましたな。
それはあなたの入城料です。

いやいや、城の内部よりぶっちゃけこっからの景色のが感動したかも(笑)


■カントリーロード this way.
ということでカントリーロードを口ずさみまくって歩く。
超たのしー!!

こういうところすごい大好きです。

この道をずっとゆけば、あの町に続いてる気がするところがまた熱い。

途中何故かジョギングとかする始末。
もはやカオスなテンション。楽しいんですけど!!!


■進めば道がある。出会いもある。
どうやらあの町には続いていたが、駅までの道に迷う。
無限の彼方へさぁいくぞ!!

そうですね。「気がする」なんて状態で旅はしちゃいけませんよね。。。

まぁ人に聞けばなんとかなんべ。
的な精神でそれっぽい方向を目指す。

子どもをつれたママ友、気さくなじいちゃんばあちゃん、八百屋のおばちゃん。
いろんな人に聞きながら進んだ。みんな英語が通じなくて超ドイツ語で道を説明してくれたけど、もちろんりょうたさんには理解不能でした。
でもなんとなくわかったし、なによりみんなあったかいな。。。
迷ってるこの時が楽しくさえある。思えば確信犯的に歩きで駅に向かった気もする。


観光時間がなくなるので若干焦りだしましたが、あくまで若干の域を脱しない。
今度は小学校5年生くらいの男の子に道を聞いてみました。
やっぱり丁寧に教えてくれて、方向はなんとなくわかったんだけど、ドコで曲がるとか重大なところがやっぱり不明(笑)

まぁ方向がわかっただけでもありがたすぎるので御礼を言って去った。
その十数秒後くらいに後ろからさっきの少年が呼び止める。
「僕の友達が丁度駅まで行くらしいから案内するよ!!エリックっていうんだ!!」
もちろんドイツ語だったけど、その時は悟りを啓いてしまったのか、理解できた。
言葉って心でも通じるんだなぁ。

すると自転車に乗ったエリックがやってきて一緒に走ってくれた。
軽く自己紹介をしたのですが、どうやら名前はエリックじゃないらしい。

言葉ってたまに取りこぼすときもあるよね。

なんにせよこのエリック(ほんとの名前を失念してしまった。。。不覚!!涙)のおかげで無事駅にたどり着いた。
お礼に日本的な何かを!!
とリュックやポシェットをあさりましたが、出てきたのはキシリトール的なガムでした(しかも2,3個食べたあとの。そしておいしくなかったガム…)。
ごめんよ…。

それでもエリックは元気に「チュス(バイバイ)☆」と言って自転車で走っていきました。

歩いてきてよかった。
ちょっとした出会いかもしれないけど本当にうれしかったし楽しかった。




■トゥービンゲン再び。
エリックとその友達とママ友、老夫婦に八百屋のおばちゃん。
みんなのpowerに後押しされて一度負けた町に再びもどる。

まだまだ時間はある!!!ドイツ楽しすぎる!!

駅に着くとそこにはナガバス。
長っ!!!日本語で叫んだ。
長っっっ!!!


■はとのネスト
南ドイツはハトにも親切。
日本じゃこんなことしないものな。

ハトと言えば昔ハンバーガーのピクルスをあげたら食べなかった。
気の合う仲間です。


■ぽっぷん☆まちタウン
川の中州にある公園のような道のようなところを歩く。
リバーサイドにはカラフルな家屋が立ち並ぶ。

ちなみに自分の家もリバーサイドですが、残念ながらドブサイドの表記が正しいようです。。。


■プラタナス
だったと思う。
気持ちいい通りだったなぁ。

川沿いを歩いていると、途中女の子二人組みが反対側を並走してたけど、7回くらい声をかけようとしては飲み込み、あきらめました。
シェンロンさん。。オラに勇気を\(:▽;)/


■オシドリーペアレンツ
現代にはモンスターペアレンツやらモンスターペインシェントやらモンスター国家やらがはびこっておりますが、彼らこそがペアレンツの鏡。

ちなみに自分の家の隣にはモンスタートナリノオッチャンがいます。
怒鳴りつつ電話(内容はだいたい脅迫系)し、川にゴミを投棄し、ハンケツで通りを闊歩します。
町のみんなに怒られても負けない鋼の心臓の持ち主。
でもたまにいいとこもある。映画にでるといいやつになるジャイアンみたいな奴ですね。

あ、すいません、ドイツの話では無かったですね。


■リバーに包まれたなら。
モンスターとなりのおっちゃんなんかの喧騒など思い出しもしないくらいにリバーサイドストーリーを堪能。
超きもちいい!!なんも言えねぇ。。

船とか乗りたかったなー。
あ、川の名前は忘れました。あしからず。


■タウンウェイブ
町並みね。
外国の町並みってやっぱり新鮮だなぁ。
すごい好きだ。
いいところだ。

しかしほんとにいい天気だったなぁ。


■路地を歩けば
こういうなんか奥の細道が大好きです。

白黒写真の熱さにも目覚める。この辺りの写真は無駄に白黒してます。


その路地に咲いてた花。路地に花ってもうこれはキラーチューンですよね。


■コンスタンティン通り
いや、あれっすよ。
わかってると思いますが、建物の看板に書いてあるからそう付けただけです。。。
でもこの写真はドイツの旅で結構気に入ってる一枚です。

奥に座っている青い人がいい味を出してくれました。




■the路地 三部作
やはり私は路地マニアだろうか。
こういうところがたまらなく熱い。

この女性に彼氏がいるかいないかがキーポイントです。


真ん中の人ちょっとカッコイイ。。。なんかバンドのギターヴォーカルっぽい。
そして脇を固める若者(ベース&コーラス)とおばさん(ドラムス)
これがCDのジャケットだったら間違いなくジャケ買いしていたところだった…。


外国のこういうのおしゃれだよなー。
日本の商店街とかのは観光地以外は微妙だしな。
まぁ機能美と言うやつだなきっと!


■帰りの車窓から
こうして帰りにドイツ名物ハリボグミの量り売り屋台でお土産も買ってとうとうドイツの旅も終わりを迎えます。

楽しかったなぁ。また来たいなぁ。
ちっ。川に反射する夕日が目にしみるっての(つд;)


■さらば車窓から
こうしてドイツとスイスを結ぶ電車は、ゆっくりと沈む夕日を友に僕の帰るべき家のある町に向かっていった。
帰るところがあるのっていいな。だから安心して旅が出来たのだと思った。

旅の余韻に浸っていると、不吉な足音が迫る。
。。。はっ!!やつらか!!
気付くとパスポートを求められていた。
2回目のりょうたさんは臆することなくパスポートを手渡す。

3秒後

兵士「ダンケ」にこ☆     気さくぅぅっ(´д`;)

返却。            はやっ(´д`;;;)



行きは突き放し、帰りは気さく。
こ、これがツンデレ。。。グフゥ( ´д`)、





そんな感じで電車はチューリッヒについてローカルに乗り換え、あたりはまっくらになり、星が空を埋める中をゆっくりと坂を上って家路についた。

と思わせておいて、我が脳に描かれし家路の信憑性に疑念を抱がよぎる。

あれ。。ここを左折だっけ。。。。いやあえてもういっこ先だろうか…。
とりあえずここっぽい気がするし。


とそこへベストタイミングで友達が迎えに来てくれた。
か、神だ。。。。

小さい頃に昼寝から目覚めたらお母さんがいなくなってて、泣いてたら買い物から帰ってきた時の感覚を思い出します。





しかし本当の一人旅をしたら何が起こるのか想像に易い自分が情けなくもありかわいくもある。
っていう精神が諸悪の根源であることには気付いているようである。





こうしてドイツの旅は幕を閉じ、またスイスでのゆっくり流れる時間を楽しんだのでした。

最高に楽しい時間をありがとう。

すくなくともこの2カ国は近いうちにまた訪れようと思います。
ということでドイツかスイスに行く人がいましたらこのマイスターにご相談ください。
迷ったときの対処法とかは2時間かけて熱く語れます。


チュス☆



次回は「イタリアの旅」をお送りします。
ディモールト ベネ!!!



コメント

すっごいすっごい綺麗☆
なんでワタシ、行かなかったんだろう。
これから毎晩寝ているYannに
  “ヘッヒンゲン”
と呟き続ける催眠術を行おうと想います。

あ。
こんなところあれですが、Yannは無事に引っ越しました。

それにしたってぇ、
おじさんの指入りの写真、見たかったなぁ。
(見たかもしれないけれど、覚えてない!!!)

最後の写真が綺麗で好きです。

■ぽん吉さん
おひさしぶりっす!!!
元気ですか?げんきですくわぁ!?

こちらは秋の気配がじわりじわりと支配しつつあります。
そっちはどんな?

ってなわけで、ドイツはヘッヒンゲ&トゥービンゲンからおおくりしました☆
キレイでしょ!!!
この城まじでよかったよ!!!!
yannには今頃ダンバッテるであろうランニングを休憩させてでも催眠術にかかってもらって、是非行ってきてください!!!

そしてそのyann氏も無事に引っ越せたようで。
引越しはもちろん足腰を鍛えるためにきっと自分でやったんだろうなぁ。と思っています。
たくましいyann。

そうそう!この前山梨県の山中湖に行ったらドイツ人に会いました!
スイスで働いてるドイツ人で、シュトゥットゥガルドからチューリヒで働いてるみたいです!
彼はウェティコンを知っていました!

で、この前は何故か山中湖を自転車で旅をしていました。
何の旅なのかとかもっといろいろ聞きたかったー!

密かにですが、yannの友達に違いないと思っています。
ドイツ人で自転車が好きで最近日本に行った人がいないか聞いてみてくださいね。


おじさんの指入り写真は今度送りますが、センスが抜群すぎたから乗せなかったです。


最後の写真は私的にもいい絵が撮れて満足です☆


それじゃあyannにもよろしくね!!

すごいすごいすごいーーー!!!!!!!!!!!!
映画の中としか思えない風景の連続ですねーーー><***
すっごい綺麗!!

一番最初の、「曇りのドイツの車窓から」で既に、『絵本の世界だなこりゃ・・・!』と悟り。
その後、どんどん晴れて。
晴れ渡った空の青色と、お城の写真が、感動的でした。。。!
ステンドガラスも綺麗に色が抜けてますねー!
さすが本場。。。

あと、田舎人の私としては、ただひたすら続く道。カントリーロード。
あの写真、大好き!!!癒されます^^*
それは1人でジョギングしちゃいますって!
私もきっと、歌いながらスキップします♪
歌は何にしようかなー・・・やはり、カントリーロードかな^^**

それにしても、初海外で、初1人。
私なら、緊張しちゃって写真撮影どころじゃないでしょう。。。
りょうたさんの男っぷりな度胸、さすがです!!!
美味しそうなお料理も食べてるし、いいなーーー><***

愛と勇気とお金wwww
笑いまんた。

■mioさん
ね!!すごいっすよね!!!!
これみおさん、本物見たらもっとやばい感動ですよきっと!
いっくんさんと一緒にいったらもっと感動ですよ!!!w

いやぁでも本当にドイツはよかったですよー(´▽`)
みんな親切だし、なにより海外という怖さがまったくなかったし。
安心して歩けました☆

ステンドグラスは言われて見て「あ、なんか確かにすごいかも!!」とか思ったステンドグラス見習いな私でした(><;)
あんな絵画みたいな表現ってそういえば日本では見たことなかったー!!!!
あー感動を若干逃した感が漂う夜です。。。。

は!!!
さすが田舎同盟!!!!!
いいっすよね!!!
ほんと気分は聖司君でしたよ。

お前歌えよ。知ってる曲だからさ。
とつぶやいた声はしかし風に消えてゆきました。。。。

このとき本当に楽しいすぎて、明らかに帰路でない道へ何度進もうとしたことか(´д`;)

そんな感じにワクワク感を乗せてカントリーロードは1番+Cメロを合計3セットくらい歌いました。
もちろんところどころ歌詞がボロボロになっていました(笑)

あー思いだしただけで楽しくなってきたー!!!

もしみおさんもここに訪れたら、是非スキップ+カントリーロード3セットをしてくださいね!!

まぁ一人と言ってもスイスに友達が待っててくれてたし、泊まったわけでも無いですからね。
そのおかげでいつも日本でやってる日帰り一人旅気分で観光できましたよ☆

本当のほんとに一人だったらきっとカントリーロードは1番Cメロなし1セットで終わっていたことでしょう。


いやいや実際わたしの心臓はノミの2倍程度の大きさなので相当ビビッてましたよ。
最初の電車パスポート確認の時なんて、まじで逮捕されるケースまで考えましたからね。。。



みおさんもまた海外旅行に行った際は写真を待ってますからね!!
ハワイ行きたいっす!!!

■りっちゃん
いやいや、この場面実際結構はまってましたからねw
とりあえず他の観光客をまず先に入れて偵察してから段取りを練って行くという周到さw

そして結局はまるというダメっぷりwwwww

あぁ受付のおばちゃんとのやり取りの封印が溶けていく。。。

とりあえず受付の手前に英語で入城の掟的なのが書いてあったから必死で解読してみたけど、なんかツアー料金しか書いてなくて、
テンパった俺は「ノーツアー、ノーツアー」と連呼wwww

英語の通じないおばちゃんも若干テンパるw


で受付の隅を冷静に見たら普通に料金書いてあんしね。



注意力散漫な日本男子は今後海外旅行できっと何かをやらかすことでしょう。




てな感じで人生の悪い例をこうして身を挺して伝えたわけでしたぁ。

りっちゃんも気をつけるように。

すみません精進しますm(_ _)m

ヒャアー☆

りょうたさん、またまたまたまた素敵な旅行をされてらしたのですね!!
・・・って拝見するのが遅すぎました(^^;  すみません!
いいのあぁぁ〜〜〜!!最高ですね、ドイツ!!いつものことながら大笑いさせていただきました☆
私も、もう一度ゆっくり行きたいところです(❀ฺ´∀`❀ฺ)
美しいですね〜〜。。。しかも、一人!素晴らしい!!!ガッツありますね〜〜☆
尊敬いたします♥(。→v←。)♥

は!

■猫村さん!!
お久しぶりっす!!
いえいえ、こんなスイカを忘れずにいただき本当にありがとうございます:△;

ドイツは相当ドイツでしたよ!!
本当に好きになりました。この国!
さすが猫村氏!ドイツにもいかれてたんですね〜。
フランスのホームとドイツのホームはどっちがいいですかね?w

私は行動一人でしたけど非常に完全にサポートいただいた友人がいたので。
帰るところがあると人間強くいれるものです。
まったくもっての一人だったらきっと最初の駅から半径1キロ以上離れない自信があります。
いやむしろ電車使わない(えない)自信あります。

しかし外国ってなんでこんなに魅力的なんですかねー。
もちろん日本は日本で大好きだけど。
また違った大好きさがこの旅にはあふれてました。
スイスとドイツはいつか必ず再び訪れたいと強く思った次第です。

それにしても今まさに円高でチャンスなのになぜ我が財布氏はデフレスパイラルなのか。。。。


それでは最近インフルのエンザが流行ってるようなので(実は拙者、しっかりと感染させていただきました。。。)くれぐれもお気をつけください!


チュス☆

すっげぇええええ久しぶりです、つっこむの。。

つか、ドイツすげぇええ。ぐーてんもるげん?ぐーてんだーく??

カントリーロードΣd(・∀・)イイ!!
お散歩したら気持ちよさそうだねぇΣd(・∀・)イイ!!

ちなみにわたくしの家・・いやお城もドブサイドwwwwww
うひょひょ(*^ω^*)

は!!この文字の気配は!!!さとさんとみた!!!
ひさしぶりじゃあないですか!!

ぐーてんあーべんと☆
カントリーロードはまじに私のお気に入りメモリーにブックマークしてますわ。
私の脳内の貧弱メモリ。。256Bytesを駆使して!!!

このときまさに散歩だったんですが、なにせ最初目的地にたどり着けるかが不安でびびってましたが、この散歩モードに入ってしまったらそんなの忘れてましたw
今景色を思い出すだけでも最高に気持ちいいくらいです。あと2日と11時間50分で仕事だってことも忘れられます。

あぁさらば私のゴールデンういーく。。。。


ちなみに私の小屋。。。いや、我輩のキャッスルはドブサイドなうえ畑サイドwwwwww

そう、カントリーロードは身近なところに溢れてます。
そんなこころ温まる話。

え?違う?wwwww

ゴクゴク飲みすぎw


なんか最近ザーメソ飲むの流行ってるみたいだなwww

昨日も3発出したけど、残らず全部飲まれちまったぞwwwww

オナ二ーするくらいならこっちで稼いだ方が正解だな♪(* ̄ー ̄)v

http://8na1ld9.gigx.tirinuru.com/

あら、つっこんでみようかしら…

管理者にだけ表示を許可する

 |  | 

The Profile

りょうた

りょうた

主に旅な日記になります。

もし思うところがございましたら、コメントいただけると心臓発作を起こします。

よろしくお願い申し上げます。

**********
■尊敬:
ハンマーヘッドシャーク,クジラ全般,鷹・鷲,ステゴサウルス,天津飯とナッパ。
■趣味:
バンド、旅行、一人旅、温泉、音楽鑑賞、読書・漫画、バイク、車。
■性格:
・極めて紳士的。
・変態
■心臓の大きさ:
・ボルボックス
**********

  • ラナイの陽射し
  • Just Sit Back and Relax♪
  • えた〜なる*ふれぃむ
  • The Wind-Up Bird World
  • The Calendar

    « | 2017-08 | »
    S M T W T F S
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -

    DTIブログポータルへ
    このブログを通報
    Report Abuse

    利用規約